本文へスキップ

PCトラブル相談、解決 PC-aider.comのPCトラブル対処方法

PCトラブルの対処方法topics

informationトラブルの種類と対処方法

PC-aider.comはパソコンの困ったを安く早く丁寧にスマホLINEで解決!
  • 突然のフリーズ状態!

    突然のフリーズ状態!

    パソコンフリーズの対応

    パソコンがフリーズ状態になる原因は3つ要因
    が考えられます。
    「アプリケーションの問題」「ハードウェア
    の問題」「ウィルスの問題」です。
    各々の概要を次に記述しますが、原因となる
    動作やその時の環境等をメモって置くと良い
    でしょう。
    また最悪の場合はデータが破損して無くなる
    事もありますので日頃からデータのバック
    アップをCドライブ(OSが入っている場所)
    意外にする習慣が必要不可欠
    と心得ましょう。

    1.アプリケーションの問題

    アプリケーションに問題があって裏で作業し
    ている場合があるので慌てずに次の事を確認
    しましょう。
    ハードディスクのアクセスランプは点滅して
    いますか?点滅していれば裏で作業中の可能
    性があります。
    また、「Ctrl」+「Alt」+「Delete」キーの
    3ボタンを同時に押してタスクマネージャー
    を表示して【パフォーマンス】の項目を見ます。
    CPU、メモリ、ディスクが動いていれば裏で
    作業中の可能性があります。
    現在通常ではありえませんが、昔はレンダ
    リングソフトなどで一晩中裏で作業などと言
    う事もありました。動きが感じられたら15分
    位は待ってみて下さい。
    それでも応答が無い場合は「Ctrl」+「Alt」
    +「Delete」キーの3ボタンを同時に押して
    「サインアウト」を選択して下さい、これは
    重要なポイントですので間違えないで下さい。
    その後にシャットダウンします。
    この一度「サインアウト」してからシャット
    ダウンはアプリケーションソフトのフリーズ
    時に有効
    でこの方法ですとオートセーブの
    有るソフトの場合にデーターが残る可能性が
    高いのです。

    ※手に負えないと思ったらなるべく早い段階
    PC-aider.com にご連絡をお願い致します。


    2.ハードウェアの問題

    ハードウェアに問題がある場合は原因となる
    ハードを特定しなければなりませんが
    フリーズしている状態では確認が出来ません
    ので1.の手順でシャットダウンを試みます。
    ダメな場合は電源ボタンの長押しで強制終了
    しますが、これでも終了出来ない場合は電源
    を元から切ります。
    ※Windowsのバージョンによって操作などが
    違うので概念としてお読み下さい。
    その後にしばらく時間をおいて再起動します
    が直ぐにBIOSを表示させるキーを押します。
    (BIOSの設定はメーカーによって違うので
    事前に確認が必要です。)
    BIOSトップ画面でHD(ハードディスク)、SSD、
    メモリー、CPU等が認識されている事を確認し
    ます。ここでHD等が認識されていない場合は
    それ自体の故障等が疑われます。特に異常が
    無い場合はセーフモードで起動します。
    Windows10の場合はフリーズ状態からの起動の
    場合はデフォルトで回復環境画面が表示され
    るので「トラブルシューティング」→「詳細
    オプション」→「セーフモードを使う」→
    「セーフモードを有効にする」でセーフモード
    で起動します。「Windows管理ツール」→
    「コンピューターの管理」→「デバイス
    マネージャー」と開いてコーションマークが
    付いている項目が疑わしいハードですのでこ
    れを診断して行きます。
    意外な所ではマウス、キーボード等のワイヤ
    レス機器の電池切れが原因なんて言う事も
    あります。電池と言えば過去に原因不明の
    トラブルで最終的にマザーボードのボタン
    電池が下手ていたなんて言う事もありました。

    ※手に負えないと思ったらなるべく早い段階
    PC-aider.com にご連絡をお願い致します。


    3.ウィルスの問題

    ウィルスによるフリーズも原因の一つとして
    考えられます。2.の様な手順でセーフモード
    で起動してウィルス対策ソフトの詳細な検査
    で見つけましょう。セーフモードはネット
    ワークも有効にするモードを選んでウィルス
    対策ソフトを最新版にしましょう。
    またインストールしたプログラムにウィルス
    が仕込まれている可能性が有りますので
    「すべてのコントロールパネル項目」→
    「プログラムと機能」を開いて怪しいモノが
    ないか確認します。

    以上がパソコンフリーズの3大要素になり
    ますが原因の特定が要であり、これを素早く
    見抜くのが解決時間短縮になります。

    ※手に負えないと思ったらなるべく早い段階
    PC-aider.com にご連絡をお願い致します。
  • 突然のブルースクリーン画面!


    突然のブルースクリーン!
    ブルースクリーン画面の対処方法

    実際の所パソコン作業中にこれが出てしまう
    と気分もブルーになってしまいますね。
    唐突に落ちるようにブルースクリーン画面は
    現れますが、その時の環境や行った動作を
    記憶して置きましょう。出来ればメモって。
    マイクロソフト社はSTOPエラーと呼ぶよう
    ですが表示にはメッセージが出ていますので
    写メを撮っておくと良いでしょう。
    中にエラーコードがあってこれで特定できる
    場合もあります。
    原因ですが「ハードウェアの問題」と「OS
    やソフトウェアの問題」が考えられます。
    また希に再起動で普通に起動する場合があり
    ますが根本的な原因追及をしないと頻発する
    怖れが有りますのでよく調べておきましょう。

    1.ハードウェアの問題

    メモリーやハードディスク、SSDが原因の多く
    を占めますが電源や接続不良の場合も見受け
    られますのであまり決め付けずに丁寧に原因
    を探る事が肝心です。検査方法はフリーズの
    項目に記したので省略します。

    ※手に負えないと思ったらなるべく早い段階
    PC-aider.com にご連絡をお願い致します。


    2.ソフトウェアの問題

    ソフトウェアに問題がある場合の原因として
    考えられるのはOSのアップデート後の内部
    干渉やソフトのメモリー管理に問題が生じた
    場合等が有りますが各種ドライバーの不具合、
    干渉等も要因として考えられます。
    その他の原因としてウィルス感染もあります。
    もしもソフトウェアが原因の場合は特定が
    難しいのが現実です。

    ※手に負えないと思ったらなるべく早い段階
    PC-aider.com にご連絡をお願い致します。

  • 電源ボタンを押しても起動しない!


    起動出来ない原因として考えられるのは
    ハードウェアです。なかでも電源を最初に
    確認します。
    コンセントを含む接続部分がしっかりと挿し
    てあるか確認します。OKならばコンセントを
    抜いてノートPCならばバッテリーも取り外し
    て10分位置いて放電させてから再度繋いで
    電源ボタンを押します。
    大抵の場合はこれで起動するのですが起動し
    ない場合は基盤の損傷(コンデンサやヒュー
    ズ等)や内部の接続不良などが考えられます。
    実例では内部に埃が溜って冷却不足を起こし
    てヒューズによる一時的な停止状態で掃除を
    して回復といったケースもありました。

    ※手に負えないと思ったらなるべく早い段階
    PC-aider.com にご連絡をお願い致します。

  • 動きが重い、ノロい!


    動きが重い場合は急にか最近かによって対応
    が異なります。元来パソコンは1日使用した
    だけでも多くの不必要なデータが蓄積される
    ので、これらを削除しないとハードディスク、
    SSDやメモリーを圧迫して計算領域が狭くなっ
    て行きます。最近動きが重いの原因はこれが
    ほとんどです。
    試しにコンピューターの検索で更新日時に
    今日だけを指示して検索するとどれ程のデー
    タが蓄積されるか知ることが出来ます。
    急に重くなる原因は使用するソフトウェアに
    対してパソコンのスペックが不足してCPUや
    メモリー、記憶領域に無理が掛かっていると
    考えられます。タスクマネージャーを起動で
    表示すると解ると思います。
    またまれにソフトウェアのバグによるループ
    が起きている場合があります。
    急な動きの重さにはソフトウェアの再起動を
    お勧めします。

    ※手に負えないと思ったらなるべく早い段階
    PC-aider.com にご連絡をお願い致します。

  • ××が見つからない!

    メールやファイル、アプリケーション等が見
    つからない場合は「コンピューター」を開い
    て「コンピューターの検索」に名称を入れて
    検索しますが、日付や拡張子等も使って検索
    してみて下さい。 また、削除してしまった
    場合も復活出来る可能性が有りますが不要な
    動作で復活出来なくなる可能性も有りますの
    で早めに専門家に任せる事をお勧めします。

    ※手に負えないと思ったらなるべく早い段階
    PC-aider.com にご連絡をお願い致します。
  • ××が繋がらない!

      インターネットやプリンター、キーボード、
      マウス等が繋がらない場合はまず、物理的に
      それらが正常に接続されている事を確認して
      下さい。 接続されている場合は「Windows
      管理ツール」→「コンピューターの管理」→
      「デバイスマネージャー」と開いてそれらが
      認識されているか確認します。 認識されて
      いる場合は各々の設定に問題が有ると考えら
      れるので設定を確認して行きます。
      インターネットに繋がらない場合はルーター
      等の機器の再起動をしてみましょう。 この
      場合も単に再起動のボタンを押すのでは無く
      コンセントから抜いて10分位置いてから再起
      動させましょう。これでダメならルーターの
      再設定になりますが、プロバイダーから送ら
      れた設定書類が必要になるので手元に用意し
      て下さい。ルーターやプロバイダーから送ら
      れた設定の説明書を熟読して再設定します。

    ※手に負えないと思ったらなるべく早い段階
    PC-aider.com にご連絡をお願い致します。
  • ハードディスクのトラブル

    事故のような突然のHDDトラブル!

     
    最近のパソコンの主記憶装置の主流はSSD(ソ
    リッド・ステート・ドライブ)になりつつある
    ものの、容量の大きさや安定性で優位なHDD
    (ハード・ディスク・ドライブ)は暫くは使われ
    続ける事でしょう。
    SSDはHDDのような機械的な部品が無くて特殊
    なメモリーに直接読み書きする構造の為省電
    力で軽く、更にデータの読み書きのスピード
    が圧倒的に速いので万能のようですが、熱や
    電気的な劣化に課題が残っています。
    また、故障の予兆が無くて一気に壊れる事が
    多いようですので過信せずに小まめにバック
    アップやCドライブ以外に保存する事を強く
    お勧めします。これはSSDに限った事では無く
    HDDも共通と考えた方が良いでしょう。

    1.ハードウェアの問題

    SSDの故障はその構造上データの救出は難易
    度が非常に高く、メモリー以外の基盤の損傷や
    ドライバー等ソフトウェアのトラブルの場合
    のみデータの救出が可能です。
    HDDの場合は音が一つの判断材料になります。
    回転動作音が全くしない場合は基板や電源の
    可能性が高くデータ救出の可能性が有ります。
    濁音が付くような回転動作音の場合は円盤状
    のプラッタと磁気ヘッドの接触が疑われます
    ので完全な形でのデータ救出は難しいと思わ
    れます。
    いずれにせよ主記憶装置のハードウェアトラ
    ブルは専門家に依頼がするのが賢明です。見積
    依頼と限度額を先に伝えるのが良いです。
    クドいようですが主記憶装置はいつか壊れる
    物くらいに思っていて下さい。

    2.ソフトウェア(OS等)の問題

    ハードディスクのトラブルと言っても多くの
    場合はハード的な物よりもOS等に不具合が発
    生して認識されない等のケースが多く見受け
    られます。またSSDやHDDを制御するソフトの
    障害の可能性もあります。
    まずはBIOS画面を表示してSSDやHDDが認識
    されているかを確認して見ます。ここで認識さ
    れていない場合はケーブルの接続や電源が怪
    しい、もしくはハード的な故障が疑われます。
    認識していればセーフモードとネットワーク
    で起動してOS側での認識を確認します。
    認識されていればまず、必要なデータを別の
    記憶媒体にコピー保存して下さい。その後で
    不具合のあるOS、制御ソフト、ドライバー等
    の特定をして修復します。

    3.データ救出
    ミッション!HDDのデータを救出!
    ハードディスクのトラブルで一番問題なのが
    大事なデータでしょう。極論ですがSSDやHDD
    は交換すれば良いしOSも再インストールすれ
    ば良いのですがデータはそうは行きません。
    長い時間と労力やそれ以上の損失が伴う事も
    多い事でしょう、是非とも救出したいですね。

    自力でデータ救出するにはBIOS画面で認識さ
    れている事が必要です。方法はいくつかあり
    ますがHDDやSSDが読める状態ならば次の方法
    が試せます。

    ・セーフモードで起動出来れば重要な順に別
    の記憶媒体にコピー保存して下さい。

    ・HDDを取り出して別のパソコンに外部接続し
    て重要な順に別の記憶媒体にコピー保存する。

    ・DVD等から起動出来るLINUX OSで起動させて
    重要な順に別の記憶媒体にコピー保存する。

    いずれにしても不安定である事を肝に銘じて
    重要な順に小出しにコピー保存して下さい。
    不安定な時は何時壊れても不思議ではありま
    せんから厳守して下さい。

    ※手に負えないと思ったらなるべく早い段階
    PC-aider.com にご連絡をお願い致します。