本文へスキップ

料金シミュレーション_B-1-2 | PC-aider.com

料金シミュレーション B-1-2Simulation-B-1-2

 料金シミュレーション

  • パソコンがフリーズ状態で動かない

    ※次の表にサービス毎の料金とお勧めの
    対応が記載されています。
お勧
め度
LINEリモートサービス
(全国対応)
一般価格 会員価格
基本料金 2,000円 無料
作業料金 80分:6,000円
(2,000円/30分)
80分:4,000円
(500円/10分)
部品代金 実費 実費
合計金額 8,000円(税別) 4,000円(税別)
年会費別
作業時間は平均値で見積を優先します。
 解決しない場合は宅配修理サービスに移行
 して半額を合算させて頂きます。
宅配修理サービス
(全国対応)
一般価格 会員価格
往復送料 実費 実費
基本料金 2,000円 無料
作業料金 80分:6,000円
(2,000円/30分)
80分:4,000円
(500円/10分)
部品代金 実費 実費
合計金額 8,000円(税別)
+往復送料
+部品代金
4,000円(税別)
+往復送料
+部品代金
年会費別  
作業時間は平均値で見積額を優先します。
 送付はヤマト便を推奨します。
 部品交換は事前に承諾を頂きます。
 部品はお客様の手配も可能です。
お任せ出張サービス
(100Km圏内)
一般価格 会員価格
出張費用 実費 実費
基本料金 2,000円 無料
作業料金 80分:6,000円
(2,000円/30分)
80分:4,000円
(500円/10分)
部品代金 実費 実費
合計金額 8,000円(税別)
+出張費用
+部品代金
4,000円(税別)
+出張費用
+部品代金
年会費別  
※作業時間は平均値で見積を優先します。
 出張費用はGoogleマップの金額を参照。
 部品交換は事前に承諾を頂きます。
 部品はお客様の手配も可能です。
× パソコンの買い換え
※購入後10年以上経っている場合を
  除いて修理で対応可能な範囲です。
  • パソコンフリーズの対応方法

    パソコンがフリーズ状態になる原因は3つの
    要因が考えられます。
    「アプリケーションの問題」「ハードウェアの
    問題」「ウィルスの問題」です。
    各々の概要を次に記述しますが、原因となる
    動作やその時の環境等をメモって置くと良い
    でしょう。
    また最悪の場合はデータが破損して無くなる
    事もありますので日頃からデータのバック
    アップをCドライブ(OSが入っている場所)
    意外にする習慣が必要不可欠
    と心得ましょう。

    1.アプリケーションの問題

    アプリケーションに問題があって裏で作業し
    ている場合があるので慌てずに次の事を確認
    しましょう。
    ハードディスクのアクセスランプは点滅して
    いますか?点滅していれば裏で作業中の可能
    性があります。
    また、「Ctrl」+「Alt」+「Delete」キーの
    3ボタンを同時に押してタスクマネージャー
    を表示して【パフォーマンス】の項目を見ます。
    CPU、メモリ、ディスクが動いていれば裏で
    作業中の可能性があります。
    現在通常ではありえませんが、昔はレンダ
    リングソフトなどで一晩中裏で作業などと言
    う事もありました。動きが感じられたら15分
    位は待ってみて下さい。
    それでも応答が無い場合は「Ctrl」+「Alt」
    +「Delete」キーの3ボタンを同時に押して
    「サインアウト」を選択して下さい、これは
    重要なポイントですので間違えないで下さい。
    その後にシャットダウンします。
    この一度「サインアウト」してからシャット
    ダウンはアプリケーションソフトのフリーズ
    時に有効
    で、この方法ですとオートセーブの
    有るソフトの場合にデーターが残る可能性が
    高いのです。

    ※手に負えないと思ったらなるべく早い段階
    PC-aider.com にご連絡をお願い致します。


    2.ハードウェアの問題

    ハードウェアに問題がある場合は原因となる
    ハードを特定しなければなりませんが
    フリーズしている状態では確認が出来ません
    ので1.の手順でシャットダウンを試みます。
    ダメな場合は電源ボタンの長押しで強制終了
    しますが、これでも終了出来ない場合は電源
    を元から切ります。
    ※Windowsのバージョンによって操作などが
    違うので概念としてお読み下さい。
    その後にしばらく時間をおいて再起動します
    が直ぐにBIOSを表示させるキーを押します。
    (BIOSの設定はメーカーによって違うので
    事前に確認が必要です。)
    BIOSトップ画面でHD(ハードディスク)、SSD、
    メモリー、CPU等が認識されている事を確認し
    ます。ここでHD等が認識されていない場合は
    それ自体の故障等が疑われます。特に異常が
    無い場合はセーフモードで起動します。
    Windows10の場合はフリーズ状態からの起動の
    場合はデフォルトで回復環境画面が表示され
    るので「トラブルシューティング」→「詳細
    オプション」→「セーフモードを使う」→
    「セーフモードを有効にする」でセーフモード
    で起動します。「Windows管理ツール」→
    「コンピューターの管理」→「デバイス
    マネージャー」と開いてコーションマークが
    付いている項目が疑わしいハードですのでこ
    れを診断して行きます。
    意外な所ではマウス、キーボード等のワイヤ
    レス機器の電池切れが原因なんて言う事も
    あります。電池と言えば過去に原因不明の
    トラブルで最終的にマザーボードのボタン
    電池が下手ていたなんて言う事もありました。


    ※手に負えないと思ったらなるべく早い段階
    PC-aider.com にご連絡をお願い致します。


    3.ウィルスの問題

    ウィルスによるフリーズも原因の一つとして
    考えられます。2.の様な手順でセーフモード
    で起動してウィルス対策ソフトの詳細な検査
    で見つけましょう。セーフモードはネット
    ワークも有効にするモードを選んでウィルス
    対策ソフトを最新版にしましょう。
    またインストールしたプログラムにウィルス
    が仕込まれている可能性が有りますので
    「すべてのコントロールパネル項目」→
    「プログラムと機能」を開いて怪しいモノが
    ないか確認します。

    以上がパソコンフリーズの3大要素になり
    ますが原因の特定が要であり、これを素早く
    見抜くのが解決時間短縮になります。

    ※手に負えないと思ったらなるべく早い段階
    PC-aider.com にご連絡をお願い致します。